名入れカレンダーの印刷方法

カレンダーに名入れをする際、当店では「軽オフ」「パッド印刷」「箔押し」「シルク印刷」の4種類の方法を用いております。印刷方法は、商品により決まっておりますので、お客様にて指定していただくことはできません。予めご了承くださいませ。なお下記に、4つの方法の特徴をご紹介しております。

軽オフ

軽オフは軽オフセット印刷の略称で、ピンクマスターと言われる紙版を使用して小型プリント機で刷る方法で、製版コストが安く、材料費を抑える事が出来る為、小ロットオーダーを行う際、向いております。

多少ムラが出来やすい為、写真を含む精密な印刷には不向きな一面がありますが、当店で激安販売致します名入れカレンダーには、細かな表現を行う場合は少なく、メリットを多く感じられます。

パッド印刷

パッド印刷は凹版にあるインキを柔らかく弾力性のあるシリコンラバー製のパッドに付着させて、転写させていく製法です。シリコンパッドは柔らかい為、平面はもちろん、凸凹面にもプリントが可能です。

卓上カレンダーのプラスチックケースなどに名入れ印刷を施す際、こちらを使用する事がございます。

箔押し

箔押しはホットスタンプとも呼ばれるプリント方法で、文字通り熱を加えた版で箔を製品に押し当て、色材に転写するプレス印刷の事をいいます。箔押しは他の製法では不可能な金や銀といった色を得意としており、インクには出せない独特の高級感を演出してくれます。しかし、多色プリントが苦手な為、1色ではっきりとしたお色を表現される際にはオススメの方法です。

卓上カレンダーへの名入れ印刷を行う際、活用される事の多いプリント方法となっております。

シルク印刷

シルク印刷は版材にシルクの布を使った印刷方法で、紙や布などの色々なものに印刷が可能です。さらにプリント物に対し、インクを乗せる手法から多色表現が可能なため、2色以上の色を組み合わせて、作成をすることができます。ただし、箔押しのような金色や銀色のような光沢のある色の再現はできません。

壁掛け、及び卓上カレンダーにプリントされているデザインを表現する際に使用されている可能性のある製法であり、名入れ印刷を施す際には、あまり用いられる事の無い方法と言えます。