使用するシチュエーション

現代において、カレンダーはさまざまなデザインで制作され、また販売されており、私たちの生活必需品ともなっていますが、そもそもこれはどういったシチュエーションで利用されることが多いのでしょうか。

ここではそんな、2017年度も変わらないカレンダーに関する疑問を掘り下げて、考察していきたいと思います。

★カレンダーでスケジュールを管理する

日常生活の中で、カレンダーを利用するシチュエーションの定番と言えば、スケジュール管理と言えると思います。

現代ではさまざまなタイプのカレンダーが存在しますが、昔から人気があるのはやはり、予定などを簡単に書き入れられるタイプです。空白スペースが多いほど、活用の幅が広がる物であると言えます。

★カレンダーを占いに使う

カレンダーは昔から、さまざまな占いにも利用されてきました。誕生月や誕生日から運勢を導き出す方法もあれば、月の満ち欠けを利用するものあり、また、古代中国で生まれ、日本では昔から尊重されてきた、六曜を利用するものもあります。六曜とは先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種のことになります。

★カレンダーを販売促進アイテムとして利用する

カレンダーは毎日のように目にする、日常生活における必需品であることから、販促宣伝やノベルティグッズとして、幅広く活用されております。また、誰にでも使える物デある為、そうした用途には最適です。

また、美しい風景写真や動植物の写真などがプリント印刷された壁掛けカレンダーはポスターのように活用されることも多く、その下部などに名入れされた社名や商品名も人々の目に無意識にも留まります。

またデスクワークの必需品でもある卓上カレンダーもまた、スケジュール確認と共に自然な訴求が可能であり、その手頃なサイズは持ち運びも便利なため人気があります。

デスクワークの必需品でもある卓上カレンダーもまた、スケジュール確認と共に自然な訴求が可能であり、その手頃なサイズは持ち運びも便利なため、人気があり、販促ノベルティ品となっております。